コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

労働契約法16条

1件 の用語解説(労働契約法16条の意味・用語解説を検索)

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

労働契約法16条

企業が労働者を解雇しても、客観的に合理的な理由がなく、社会通念上相当でない場合は、解雇が無効になると定めている。裁判例で定着した考え方が、法律に盛り込まれた。経済界には、16条を改正して「解雇は原則自由」と明記することや、限定正社員には16条を適用しないよう求める意見がある。

(2013-08-02 朝日新聞 朝刊 生活2)

出典|朝日新聞掲載「キーワード」
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

労働契約法16条の関連キーワードレイオフ解雇予告手当解雇予告懲戒解雇直接雇用内定取り消し日本の解雇の仕組みと有期雇用試用期間中の解雇解雇規制の緩和論議

労働契約法16条の関連情報