コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

労働審判手続き

1件 の用語解説(労働審判手続きの意味・用語解説を検索)

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

労働審判手続き

労使紛争を迅速に解決するため、司法制度改革の一環として2006年にスタート。解雇の効力を争うケースや、賃金・退職金・時間外手当などの請求、損害賠償請求など個別の労働紛争が対象。労働組合当事者となる事件や公務員雇用問題は対象外。労組幹部や企業の労務担当者ら最高裁から任命された労働審判員(任期2年)2人と裁判官1人の3人で構成する労働審判委員会が原則3回以内で調停を試みる。まとまらなければ審判で解決案を提示し、それに異議があれば訴訟に移る。申し立て費用は民事訴訟の半額程度。

(2010-01-26 朝日新聞 夕刊 2社会)

出典|朝日新聞掲載「キーワード」
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

労働審判手続きの関連キーワード斡旋仲裁裁判民事訴訟裁判員法個別労働紛争解決制度国際裁判所司法法周旋裁判外紛争解決手続司法制度改革

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone

労働審判手続きの関連情報