コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

労働法制の見直し

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

労働法制の見直し

パートや派遣社員が増える一方、労働組合に属さない人も増加し、解雇などを巡る企業とのトラブル急増。政府は労働法制の根本的な見直しを進める。雇用契約の基本ルールを明確にするのが新たにつくる「労働契約没で、採用から退職までの権利・義務を規定。同時に、労働時間法制も一体的に見直す。来年の通常国会での立法や労働基準法改正を目指すが、企業と労組の間で対立点も多い。

(2006-06-11 朝日新聞 朝刊 3総合)

出典 朝日新聞掲載「キーワード」朝日新聞掲載「キーワード」について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

鑑定留置

被疑者・被告人が精神障害などで刑事責任能力を問えない可能性がある場合に、精神・心身の状態を鑑定するため、被疑者・被告人を病院などの施設に留置すること。捜査機関が裁判所に請求し、認められた場合に、期限を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

労働法制の見直しの関連情報