コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

労災補償の障害等級

1件 の用語解説(労災補償の障害等級の意味・用語解説を検索)

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

労災補償の障害等級

労災保険法施行規則は、障害等級を1~14級に分類。顔などに重い傷が残ると女性は7級、男性は12級となる。7級は直前3カ月の平均賃金131日分が毎年支払われる一方、12級は同156日分の一時金と差が大きかった。これを男女とも7級に統一。軽傷では女性12級、男性14級を男女とも12級に統一する。併せて中程度の傷を9級(391日分の一時金)として、補償を3段階に分ける。施行は2月1日だが、判決が確定した昨年6月10日にさかのぼって適用する措置がある。

(2011-01-28 朝日新聞 夕刊 2社会)

出典|朝日新聞掲載「キーワード」
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

労災補償の障害等級の関連キーワード労災保険法施行規則障害一時金障害補償一時金障害補償年金保険業法施行規則保険業法施行令法定外補償制度障害等級

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone