動力炉・核燃料開発事業団(読み)どうりょくろかくねんりょうかいはつじぎょうだん

世界大百科事典 第2版の解説

どうりょくろかくねんりょうかいはつじぎょうだん【動力炉・核燃料開発事業団】

新型動力炉および核燃料サイクルの確立のために,〈動力炉・核燃料開発事業団法〉に基づき1967年10月に設立された特殊法人。動燃と略称。新型炉開発では,ウランの有効利用を図れる新型転換炉高速増殖炉の自主開発を進めており,前者では電気出力16.5万kWの原型炉ふげん〉を運転中で,後者については実験炉常陽〉を経て電気出力28万kWの原型炉〈もんじゅ〉を建設した。また,大型研究施設を茨城県大洗町に有す。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

今日のキーワード

夏至

二十四節気の一つであるが,二至 (夏至,冬至) ,二分 (春分,秋分) の四季の中央におかれた中気。夏至は太陰太陽暦の5月中 (5月の後半) のことで,太陽の黄経が 90°に達した日 (太陽暦の6月 ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

動力炉・核燃料開発事業団の関連情報