コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

動画モニターの設置状況と広告料

1件 の用語解説(動画モニターの設置状況と広告料の意味・用語解説を検索)

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

動画モニターの設置状況と広告料

JR東日本は現在、首都圏の山手、中央(快速)、京浜東北・根岸、京葉の4線と成田エクスプレスの全車両にモニターを設置している。JR東の全車両の2割近く。2万近い画面数は先行していた韓国・ソウル地下鉄をしのぎ、世界で最大規模だ。首都圏4線のモニターに1週間、1回15秒のCMを流すのに必要な広告費は430万円。テレビCMより安いが、山手線で1週間中づり広告を出すより100万円ほど高い。

(2011-10-17 朝日新聞 夕刊 1社会)

出典|朝日新聞掲載「キーワード」
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

動画モニターの設置状況と広告料の関連キーワードJR山手首都圏直下地震KIOSK内際分離首都圏の気象災害新幹線のIC乗車券ルミネ

今日のキーワード

カルテット

四重唱および四重奏。重唱,重奏の形態のなかで最も基本的なもので,声楽ではルネサンスの多声歌曲の形式であるシャンソンやフロットラから始り長い歴史をもつ。器楽も同様で,特に弦楽四重奏は室内楽の全レパートリ...

続きを読む

コトバンク for iPhone