コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

動脈管開存(症)(読み)どうみゃくかんかいぞんしょう(英語表記)Patent Ductus Arteriosus(PDA)

家庭医学館の解説

どうみゃくかんかいぞんしょう【動脈管開存(症) Patent Ductus Arteriosus(PDA)】

[どんな病気か]
 生後、閉じるはずの動脈管が閉じていない状態で、大動脈から肺動脈に血液が流れ込み、肺血流量が増加します。
[治療]
 新生児期早期には、動脈管を閉鎖させる作用のあるインドメタシンなどの薬剤が試みられます。
 乳児期以降は、症状や心臓にかかる負担によって、カテーテル治療先天性心疾患とはの「内科的治療」のカテーテル治療)か、手術が選択されます。
 開存している動脈管が細く、短絡(たんらく)が少なくても、おとなになってからの外科的治療は困難です。
 とくに、感染性心内膜炎(かんせんせいしんないまくえん)をおこすと治療がむずかしくなるため、早めに治療したほうがいいとの考えと、症状もなく、心臓にかかる負担が軽ければ、経過をみてもいいという考え方とがあります。

出典 小学館家庭医学館について 情報

今日のキーワード

RE100

2014年に国際環境NGO「The Climate Group」が開始した国際的な企業連合。業務に使用する電力の100%を再生可能エネルギーに転換することを目的としている。認定を受けるためには、「企業...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android