コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

動脈管開存(症) どうみゃくかんかいぞんしょうPatent Ductus Arteriosus(PDA)

1件 の用語解説(動脈管開存(症)の意味・用語解説を検索)

家庭医学館の解説

どうみゃくかんかいぞんしょう【動脈管開存(症) Patent Ductus Arteriosus(PDA)】

[どんな病気か]
 生後、閉じるはずの動脈管が閉じていない状態で、大動脈から肺動脈に血液が流れ込み、肺血流量が増加します。
[治療]
 新生児期早期には、動脈管を閉鎖させる作用のあるインドメタシンなどの薬剤が試みられます。
 乳児期以降は、症状や心臓にかかる負担によって、カテーテル治療先天性心疾患とはの「内科的治療」のカテーテル治療)か、手術が選択されます。
 開存している動脈管が細く、短絡(たんらく)が少なくても、おとなになってからの外科的治療は困難です。
 とくに、感染性心内膜炎(かんせんせいしんないまくえん)をおこすと治療がむずかしくなるため、早めに治療したほうがいいとの考えと、症状もなく、心臓にかかる負担が軽ければ、経過をみてもいいという考え方とがあります。

出典|小学館
家庭医学館について | 情報

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone