コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

勘所・肝所・甲所 かんどころ

大辞林 第三版の解説

かんどころ【勘所・肝所・甲所】

物事の重要な部分。肝要なところ。急所。つぼ。 「 -をはずさぬ批評」 「 -を心得ている」
三味線・琴・琵琶などで、一定の音を出すために指先で押さえる弦の一点。
[句項目]

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

勘所・肝所・甲所の関連キーワード三味線勘所

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android