コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

勘次郎きゅうり

1件 の用語解説(勘次郎きゅうりの意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉プラスの解説

勘次郎きゅうり

山形県最上地方で生産されるキュウリ。形状は短く太く、水分が多い。名称は栽培が伝えられてきた旧家の屋号から。県により「最上伝承野菜」に認定されている。

出典|小学館
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

勘次郎きゅうりの関連キーワード青大きゅうり石名坂かぶ鵜渡川原きゅうり雁喰い酒田きゅうり長尾かぶひめきゅうりひろっこ最上赤にんにく吉田かぶ

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone