コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

務め・勤め つとめ

大辞林 第三版の解説

つとめ【務め・勤め】

当然しなければならない事。任務。義務。 「国民としての-」
会社・官公庁などに雇われて、働くこと。また、そこでの仕事。勤務。 「 -を探す」 「 -に出る」 「 -をやめる」
毎日仏前で行う礼拝・読経どきよう。勤行ごんぎよう。 「朝のお-」
遊女の仕事。 「おもへば世に此道の-程かなしきはなし/浮世草子・一代女 1
揚げ代の支払い。 「げんなまでさきへお-を渡しておいたから/滑稽本・膝栗毛

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

今日のキーワード

パルムドール

カンヌ国際映画祭で、最優秀作品に与えられる賞。[補説]多く「金のシュロ」と訳されるが、日本原産のシュロ(ワジュロ)ではなく、ヤシ科のナツメヤシがモチーフとなっている。ナツメヤシは、西洋では勝利・栄誉の...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android