コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

勝つ・克つ かつ

大辞林 第三版の解説

かつ【勝つ・克つ】

( 動五[四] )
争って相手を負かす。競争して他の者をしのぐ。 《勝》 ↔ 負ける 「大事な試合に-・つ」 「選挙で-・つ」
(多く「克つ」と書く)欲望などを抑える。 「誘惑に-・つ」 「己に-・つ」
一方の力や傾向などが他方より強い。まさっている。 《勝》 「赤みの-・った色」 「理性の-・った人」
能力を超えた負担を負っている。 《勝》 「荷が-・ちすぎる」
[可能] かてる
[慣用] 気が- ・荷が- / 年には勝てない

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

今日のキーワード

跋扈

[名](スル)《「後漢書」崔駰伝から。「跋」は越える意、「扈」は竹やな》魚がかごを越えて跳ねること。転じて、ほしいままに振る舞うこと。また、のさばり、はびこること。「軍閥の跋扈」「悪辣な商売が跋扈する...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android