勝る・優る(読み)まさる

大辞林 第三版の解説

まさる【勝る・優る】

( 動五[四] )
〔「増さる」と同源〕
他のものと比べて力量や価値などが上である。すぐれている。 ⇔ 劣る 「健康は富に-・る」 「この車は経済性で-・る」
相対的に程度が上である。他をしのぐ。 「聞きしに-・る美しさだ」 「静かと云ふよりは淋しさが-・つて居て/ふらんす物語 荷風
官位などが上である。 「先だちてより言ひける男は官-・りて/平中 1
[句項目] 勝るとも劣らない

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

今日のキーワード

暑さ指数

湿度、気温、日差しの強さの3要素で暑さを表す指標。正式名称は湿球黒球温度(Wet-Bulb Globe Temperature)で、WBGTと略される。熱中症の危険度を判断する目安として国際的に用いら...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android