コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

勝山[村] かつやま

世界大百科事典 第2版の解説

かつやま【勝山[村]】

山梨県南東部,南都留郡の村。人口2315(1995)。富士山北麓,河口湖南岸に位置する。面積4.2km2は県下最小。集落は村の北部,河口湖の周りにある。全域が富士山の噴出物に覆われ,土壌はやせて耕地は少ない。農業は米作からトウモロコシ,キャベツ,トマトなど高原蔬菜栽培へと転換している。また,ざるをはじめ,竹を使った工芸品の生産が盛ん。風光明美な土地を生かした観光地としてテニス,サッカーなどの体育施設,音楽施設などが増加している。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

勝山[村]の関連キーワードプロトアクチニウムガロン侮辱罪インドの自動車市場名古屋市人事委員会の民間給与調査方法備品廃棄問題スコットランドびわこ学園への特別加算費2E3E

今日のキーワード

ディーセント・ワーク

ディーセント・ワーク(Decent Work)とは1999年、ILO(国際労働機関)のフアン・ソマビア事務局長が就任時に掲げたスローガンです。「人間らしいやりがいのある仕事」「適切な仕事」などと邦訳さ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android