コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

勝浦海域公園地区 かつうらかいいきこうえんちく

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

勝浦海域公園地区
かつうらかいいきこうえんちく

千葉県南東部勝浦市南房総国定公園の海域。1974年勝浦海中公園地区として指定。2009年法改正により,現名称に変更。面積約 0.15km2。海藻は温帯的要素をもちながら,寒帯型への移行を示す。カジメアラメ,ホンダワラ類が群生し,チョウチョウウオスズメダイなどの熱帯魚も見られる。無脊椎動物は,オオギウミヒドラ,イソバナなどが生息する。海中展望塔,ビジターセンターがある。(→海域公園地区

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

ユニコーン企業

企業としての評価額が10億ドル(約1250億円)以上で、非上場のベンチャー企業を指す。ベンチャー企業への投資を専門的に行う投資会社を「ベンチャーキャピタル(venture capital)」と呼ぶが、...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android