勝田 四方蔵(読み)ショウダ ヨモゾウ

20世紀日本人名事典の解説

勝田 四方蔵
ショウダ ヨモゾウ

明治期の陸軍中将,男爵 貴院議員。



生年
弘化2年11月(1845年)

没年
大正7(1918)年7月9日

出身地
山口県

経歴
明治4年陸軍大尉、兵部省権大録となる。8年江華島事件では黒田清隆に随行し朝鮮に渡り、10年西南戦争では第3旅団参謀長を務め、のち男爵。第2軍工兵部長、30年東京湾要塞司令官、32年下関要塞司令官などを務め、33年陸軍中将。40年予備役となる。44年貴族院議員。

出典 日外アソシエーツ「20世紀日本人名事典」(2004年刊)20世紀日本人名事典について 情報

今日のキーワード

人望

信頼できる人物として、人々から慕い仰がれること。「人望を集める」「人望を失う」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android