コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

勢和[村] せいわ

世界大百科事典 第2版の解説

せいわ【勢和[村]】

三重県中部,多気郡の村。人口5418(1995)。櫛田川中流域の農山村で,紀伊山地に属する山地が広く分布し,低地は北部を流れる櫛田川と南部を流れる宮川支流の濁川沿いに開ける。櫛田川の河岸段丘面を利用して米作やタバコ,茶の栽培が行われる。ほかに林業も営まれ,シイタケ栽培も盛ん。先土器~弥生時代の遺跡が多く,丹生(にう)は,奈良時代から水銀の産地として知られた丹生神社とともにあり,丹生大師の名で有名な真言宗山階派の神宮寺や,重要文化財の《法然上人絵伝》を有する西導寺がある。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

勢和[村]の関連キーワード高野口[町]広野[町]リンカーン広野(町)広野町の要覧湯梨浜町の要覧

今日のキーワード

悪魔の証明

証明が非常に困難なものごとを表す比喩表現。古代ローマ法において所有権の帰属証明が極めて困難であったことから、この言葉が初めて用いられたとされている。現代においては、権利関係や消極的事実の証明に関する法...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android