コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

勧修寺寛欽法親王

美術人名辞典の解説

勧修寺寛欽法親王

門跡第二十五代。伏見宮貞敦親王第二子。後奈良天皇御猶子。元文元年親王となり、海覚法親王の室に入りて得度する。安祥禅寺々務を兼務し、慈尊院大僧正実尊に随いて伝法潅頂職位を受けて第三十八祖となる。母は三条実香の女。永禄6年(1573)歿、50才。

出典|(株)思文閣美術人名辞典について | 情報

今日のキーワード

俳句甲子園

1998年から松山市で開かれる全国高等学校俳句選手権大会。高校生が5人1組で句の優劣をディベートで競い合う。チームでの勝敗とは別に、個人の最優秀句も選ぶ。今年は過去最多の41都道府県から121校、15...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android