コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

勧修寺尚顕 かじゅうじ ひさあき

1件 の用語解説(勧修寺尚顕の意味・用語解説を検索)

美術人名辞典の解説

勧修寺尚顕

室町後期の公卿。政顯の男。正二位権大納言となる。享禄4年出家し、法名を泰龍改栄空という。永禄2年(1559)歿、88才。

出典|(株)思文閣
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

勧修寺尚顕の関連キーワード久世通根冷泉為富正親町公兼正親町実光園基音中山栄親武者小路公隆西洞院時成万里小路雅房御子左為兼

今日のキーワード

ネコノミクス

猫が生み出す経済効果を指す造語。2012年に発足した安倍晋三内閣の経済政策「アベノミクス」にちなみ、経済が低迷する中でも猫に関連するビジネスが盛況で、大きな経済効果をもたらしていることを表現したもの。...

続きを読む

コトバンク for iPhone