勧角証券[株](読み)かんかくしょうけん

百科事典マイペディアの解説

勧角証券[株]【かんかくしょうけん】

第一勧業銀行系の準大手証券。1905年中村千太郎が日本勧業銀行月報社を創業。のち日本勧業信託に改称。1922年に信託業法に基づいて有価証券業務部門を分離し,日本勧業証券を設立。1967年角丸証券と合併し日本勧業角丸証券に改称。1990年勧角証券に改称。銀行・証券の相互参入解禁により,第一勧業銀行が証券子会社(第一勧業証券)を設立。1997年第一勧銀と勧角証券の投資信託子会社が統合されるなど再編が加速。1999年10月第一勧業銀行の子会社となる。2000年10月みずほインベスターズ証券に社名変更,2001年10月業界初のクレジット,マネー,証券の機能を持つ証券カードを発行。2002年からはみずほ銀行との共同店舗を展開し,2003年みずほ銀行の子会社となる。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

アイントホーフェン

オランダの生理学者。旧オランダ領ジャワ島のスマランに、陸軍軍医の子として生まれた。陸軍の給費学生としてユトレヒト大学に学び、医師となった。1886年ライデン大学の生理学教授に任ぜられ、兵役を免除された...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android