勾勒・鉤勒・鈎勒(読み)こうろく

大辞林 第三版の解説

こうろく【勾勒・鉤勒・鈎勒】

中国絵画の技法の一。輪郭を細い線で描き、その中を彩色し、しかも最初の線描きの効果も生かす描き方。五代以後の花鳥画では、黄氏体の特徴とされ、徐氏体の没骨もつこつとともに二大技法とされる。二重描ふたえがき。 → 没骨

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

ビル風

高層建築物の周辺でみられる、建物による風の乱れをいう。風向の変化のほかに風速の強弱によって表される。一般には、高層ビルの周辺で吹く強い風をさすことが多い。 風の強くなる場合として次の三つがある。(1)...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android