コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

勾玉/曲玉 まがたま

1件 の用語解説(勾玉/曲玉の意味・用語解説を検索)

百科事典マイペディアの解説

勾玉/曲玉【まがたま】

縄文(じょうもん)〜古墳時代に作られた日本独特の飾玉で,C字形に曲がった形状は動物の歯牙に由来すると考えられる。おもに硬玉製。縄文時代の勾玉は形状が不ぞろい。弥生(やよい)時代には形が整えられ,頭(穴のある部分)に数本の線を刻した丁子頭勾玉が出現。
→関連項目真福寺貝塚石器ヒスイ(翡翠)ペーズリー吉見の百穴

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

勾玉/曲玉の関連キーワード貝輪管玉古墳時代縄文縄文時代続縄文文化竪穴住居先縄文文化プレ縄文文化

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone