コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

勾玉/曲玉 まがたま

百科事典マイペディアの解説

勾玉/曲玉【まがたま】

縄文(じょうもん)〜古墳時代に作られた日本独特の飾玉で,C字形に曲がった形状は動物の歯牙に由来すると考えられる。おもに硬玉製。縄文時代の勾玉は形状が不ぞろい。弥生(やよい)時代には形が整えられ,頭(穴のある部分)に数本の線を刻した丁子頭勾玉が出現。
→関連項目真福寺貝塚石器ヒスイ(翡翠)ペーズリー吉見の百穴

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android