コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

勾玉/曲玉 まがたま

百科事典マイペディアの解説

勾玉/曲玉【まがたま】

縄文(じょうもん)〜古墳時代に作られた日本独特の飾玉で,C字形に曲がった形状は動物の歯牙に由来すると考えられる。おもに硬玉製。縄文時代の勾玉は形状が不ぞろい。弥生(やよい)時代には形が整えられ,頭(穴のある部分)に数本の線を刻した丁子頭勾玉が出現。
→関連項目真福寺貝塚石器ヒスイ(翡翠)ペーズリー吉見の百穴

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android