コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

匂う・臭う におう

大辞林 第三版の解説

におう【匂う・臭う】

( 動五[四] )
あるにおいがあたりにただよう。それがあるにおいを発散する。 〔「かおる」が快いにおいについていうのに対し、「におう」は快・不快両方についていうが、不快な場合の漢字表記は多くは「臭う」〕 「梅の香が-・う」 「肉を焼くにおいが-・ってくる」 「くつ下が-・う」 「橘の-・へる香かもほととぎす/万葉集 3916
何となく、それらしい雰囲気が感じられる。また、隠し立てしている気配が感じられる。多く好ましくない場合に用いる。 「不正が-・ってくる」
赤などの色があざやかに照り輝く。 「春の園そのくれない-・ふ桃の花下照る道に出で立つ娘子おとめ/万葉集 4139
美しさ・魅力などが、その内部からただよい出る。美しくつややかである。 「 - ・うばかりの美少女」 「愛嬌が-・う女性」 「紫の-・へる妹いもを/万葉集 21
他のものの色に映り染まる。 「手に取れば袖さへ-・ふをみなえし/万葉集 2115
他のものの影響を受けて、はなやかに栄える。恩恵やおかげをこうむる。 「人ひとりを思ひかしづき給はむ故ゆえは、ほとりまでも-・ふ例ためしこそあれ/源氏 真木柱
染色・襲かさね・縅おどしなどで、色を次第にぼかしていく。 「うへはうすくて、したざまにこく-・ひて/雅亮装束抄」
( 動下二 )
美しく色づける。 「住吉すみのえの岸野の榛はりに-・ふれど/万葉集 3801」 〔古くは、「に」は「丹」で赤色の意、「ほ」は「秀に出ず」などの「秀」でぬきんでる意で用いられた。「におう」は、本来は色彩に関する美しさをいう語。「匂わす」に対する自動詞〕

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

匂う・臭うの関連キーワード万葉集

今日のキーワード

偽計業務妨害罪

虚偽の風説を流布し,または偽計を用いて人の業務を妨害する罪 (刑法 233) 。流布とは,犯人自身が公然と文書,口頭で伝達するほか,口伝えに噂として流す行為も含む。偽計とは人を欺罔,誘惑し,あるいは人...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android