コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

化学メッキ かがくメッキchemical plating

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

化学メッキ
かがくメッキ
chemical plating

電気を用いないで化学反応を利用して金属をメッキすること。無電解メッキともいう。電気的設備や配線などが不利な場合,たとえば,長い管内,複雑な形状,合成樹脂板,粒子上へのメッキなどに適する。メッキ金属の塩溶液中に還元剤 (次亜リン酸ナトリウム,亜鉛など) を加えると,被メッキ物上で接触還元反応が進み,一様にメッキされる。樹脂の導体化,管の防食,薄膜の製造などに利用される。銅,ニッケル (カニゼンメッキ) ,金,コバルトなどの金属が用いられる。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

今日のキーワード

大義

1 人として守るべき道義。国家・君主への忠義、親への孝行など。「大義に殉じる」2 重要な意義。大切な事柄。「自由平等の大義を説く」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android