コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

北オホーツク道立自然公園 きたオホーツクどうりつしぜんこうえん

1件 の用語解説(北オホーツク道立自然公園の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

北オホーツク道立自然公園
きたオホーツクどうりつしぜんこうえん

北海道北部,オホーツク海に面する自然公園。面積 39.27km2。 1968年指定。オホーツク海沿岸の岩礁と砂丘,湖沼,丘陵地,およびこれらを彩る北方植物群落が対象。冬季ハクチョウの飛来するクッチャロ湖エゾマツトドマツに囲まれたカムイト沼,コウホネ (河骨) の咲くモケウニ沼,ポロ沼とクロユリ (黒百合) ハマナス,ヒオウギアヤメなどの咲くベニヤ原生花園,ウスタイベ千畳岩,斜内山道などの景勝地があり,枝幸町浜頓別町の境界には,ハイマツ (這松) ムラサキツツジ,オンコ (イチイ) などが自生。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

北オホーツク道立自然公園の関連キーワードオホーツク海高気圧網走紋別小清水FMオホーツクオホーツクビール北海道道立オホーツク公園北海道紋別郡雄武町北海道オホーツク〈総合振興局〉北海道紋別市

今日のキーワード

災害派遣

天災地変その他の災害に際して,人命または財産の保護のために行なわれる自衛隊の派遣。災害出動ともいう。都道府県知事などの要請に基づいて,防衛大臣が派遣することを原則とするが,特に緊急を要する場合,要請を...

続きを読む

コトバンク for iPhone