コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

北タイン[川] きたたいん

世界大百科事典内の北タイン[川]の言及

【タイン[川]】より

…ローマ時代の呼称はテュナ川。チェビオット丘陵の南西斜面に源を発する北タイン川(全長53km)とペナイン山脈のクロス・フェル山北斜面を源流とする南タイン川(52km)がヘクサム付近で合流して形成され,東流して北海へ注ぐまでの全長48km。谷底平野は〈タインの回廊〉と呼ばれる豊かな農業地帯を形成し,また北東イングランド炭田を貫流するため下流域には造船所,製鉄所などが林立し,ニューカスル・アポン・タインを中心に,サウス・シールズ,タインマウスなどの都市がタインサイド工業地帯を形成している。…

※「北タイン[川]」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android