コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

北ヤード開発

1件 の用語解説(北ヤード開発の意味・用語解説を検索)

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

北ヤード開発

全体の広さは阪神甲子園球場の敷地の約6倍。用地の売却益は旧国鉄職員の年金債務の返済に充てられる。1期工区は2013年春完成の予定。中核施設となるナレッジキャピタルは、先端技術実証実験、研究者らの交流拠点となる。2期工区では、日本サッカー協会ワールドカップでも使える大規模スタジアム構想を提唱している。

(2010-05-08 朝日新聞 朝刊 2経済)

出典|朝日新聞掲載「キーワード」
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

北ヤード開発の関連キーワード甲子園甲子園球場阪神甲子園球場リニューアル甲子園ボウル銀傘つかしんツタの里帰りツタの里帰り計画空襲被害石川真良

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone