コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

北上市のごみ事情

1件 の用語解説(北上市のごみ事情の意味・用語解説を検索)

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

北上市のごみ事情

市清掃事業所の焼却炉は20年前に稼働し、最大処理容量は年間2万5500トン。05年度の可燃ごみの収集量は2万3128トンと、限界に迫っている。可燃ごみに、不燃ごみ、資源ごみを合わせた05年度の収集量は2万8976トン、リサイクル率は21・5%、処理費用は年間約7億円。市のごみ処理基本計画では、2010年度の目標が2万8千トン、32・5%。

(2007-02-12 朝日新聞 朝刊 岩手全県 1地方)

出典|朝日新聞掲載「キーワード」
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

北上市のごみ事情の関連キーワード健康保険組合アイドルタイム/アイドルコスト共用事業所得コムスン不正問題神戸製鉄所の高炉神流川発電所伊平屋村のごみ焼却炉訴訟県のRDF事業RDF焼却発電事業

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone