北上聖牛(読み)きたがみ せいぎゅう

美術人名辞典の解説

北上聖牛

日本画家。北海道生。名は利一郎、別号に北山・池龍。北上峻山の甥。京都に出て竹内栖鳳に師事し、写実的な花鳥画を得意とした。文展・帝展入選。戦後は個展を中心に活躍した。昭和45年(1970)歿、79才。

出典 (株)思文閣美術人名辞典について 情報

今日のキーワード

エミュー

ヒクイドリ目エミュー科。ダチョウに似た大型の飛べない鳥。オーストラリア固有種で,国鳥。全長 140~164cm,背丈 150~190cmで,雌のほうがやや大きい。翼は羽毛に覆われて見えないが,約 20...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android