コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

北九州と原爆

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

北九州と原爆

戦時中、旧・小倉市には旧陸軍の兵器工場である造兵廠(しょう)があり、軍都と呼ばれた。長崎市発行の「長崎原爆戦災誌」などによると、小倉を目標にした米軍のB29爆撃機ボックス・カーは1945年8月9日未明、プルトニウム型原子爆弾「ファットマン」1発を積んで日本の南2700キロのテニアン島を飛び立った。午前10時ごろ、小倉上空に着いたが、前日の空襲による煙と雲で視界を遮られたため、長崎市へ。そして午前11時2分、原爆を投下した。

(2006-07-31 朝日新聞 夕刊 1社会)

出典 朝日新聞掲載「キーワード」朝日新聞掲載「キーワード」について 情報

北九州と原爆の関連キーワード戦時中

今日のキーワード

ムガベ大統領

1924年、英植民地の南ローデシア(現ジンバブエ)生まれ。解放闘争に参加し、80年にジンバブエを独立に導いた。同年から首相、87年から大統領として実権を握り続けた。2000年以降は白人農場主の農園を強...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android