コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

北九州のつめ切除事件

1件 の用語解説(北九州のつめ切除事件の意味・用語解説を検索)

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

北九州のつめ切除事件

2007年6月、北九州八幡東病院で、認知症の入院患者の足のつめが深く切られているのが見つかった。病院側は看護課長(当時)の女性が「つめをはがした」と発表。女性は福岡県警に逮捕され、傷害罪で起訴された。福岡地裁小倉支部の一審で女性は「ケアだった」と主張したが、有罪判決を受けて控訴。福岡高裁は「捜査段階の『つめをはがした』という供述は捜査官に押しつけられたか、誘導された疑いがある。つめを深く切ったのは看護目的で、正当な業務であり違法性はない」として逆転無罪を言い渡し、確定した。

(2010-11-25 朝日新聞 朝刊 生活1)

出典|朝日新聞掲載「キーワード」
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

北九州のつめ切除事件の関連キーワード洞海湾八幡東区北九州北九州空港八幡西八幡東北九州八幡東病院妊婦搬送問題の経過大島直治

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone