コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

北九州の公害

1件 の用語解説(北九州の公害の意味・用語解説を検索)

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

北九州の公害

洞海湾を中心とする地域は1901(明治34)年の官営八幡製鉄所の誕生を機に工業都市へと発展した。戦後の60年代には工場排煙による大気汚染、排水による水質汚染が深刻化し、69年には日本初のスモッグ警報が出された。洞海湾では海水にシアンやヒ素などの有害物質が高濃度に含まれていることが判明。「七色の煙が覆う空」「死の海」と称された。71年、北九州市公害防止条例を公布。企業と公害防止協定を結んで対策を進め、経済協力開発機構環境白書(85年)で「灰色の街から緑の街に変わった」と評された。市は2008年、国の環境モデル都市に選ばれた。

(2010-09-02 朝日新聞 夕刊 1総合)

出典|朝日新聞掲載「キーワード」
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

北九州の公害の関連キーワード呉羽丘陵洞海湾ウラル大阪弁華中大和島ウエストコースト襲国阪神地方マラヤ

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone