コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

北九州大水害

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

北九州大水害

1953年6月25日から30日にかけて、西日本各地で大雨が降り、北九州市(当時は合併前で5市)では死者行方不明者が183人に上り、8万3千戸が被災した。当時の朝日新聞は、濁流で水没する関門鉄道トンネルなどの写真を載せ「北九州一帯を襲った豪雨は山津波をともなって家を洗い、家畜を流し、五都市の交通機関はズタズタに切られてしまった」と報じた。

(2012-06-26 朝日新聞 夕刊 1社会)

出典 朝日新聞掲載「キーワード」朝日新聞掲載「キーワード」について 情報

北九州大水害の関連キーワード新藤兼人斎藤寅次郎マキノ雅広市川崑川島雄三野村芳太郎森一生単層日本自由党今井正

今日のキーワード

硫黄山(いおうやま)

標高1317メートルの活火山で、火口は登山者に人気のある韓国(からくに)岳(1700メートル)の登山道沿いにある。硫黄の結晶が鉱山で採れたため、硫黄山と呼ばれるようになったという。直近の噴火は1768...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android