コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

北九州市の爪切除事件

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

北九州市の爪切除事件

2007年6月、北九州八幡東病院で、認知症の入院患者の足のが深く切られているのが見つかった。病院側は看護課長(当時)の女性が「爪をはがした」と発表。女性は福岡県警に逮捕され、傷害罪で起訴された。福岡地裁小倉支部の一審で女性は「ケアだった」と主張したが、有罪判決を受けて控訴。福岡高裁は「捜査段階の『爪をはがした』という供述は捜査官に押しつけられたか、誘導された疑いがある。爪を深く切ったのは看護目的で、正当な業務であり違法性はない」として今年9月に逆転無罪を言い渡し、確定した。

(2010-12-07 朝日新聞 朝刊 生活1)

出典 朝日新聞掲載「キーワード」朝日新聞掲載「キーワード」について 情報

北九州市の爪切除事件の関連キーワードアゼルバイジャン共和国の要覧アラブ首長国連邦の要覧アルジェリアの要覧イタリアの要覧インドの要覧インドネシアの要覧ウガンダの要覧ウクライナの要覧ウルグアイの要覧イエメン共和国の要覧

今日のキーワード

偽計業務妨害罪

虚偽の風説を流布し,または偽計を用いて人の業務を妨害する罪 (刑法 233) 。流布とは,犯人自身が公然と文書,口頭で伝達するほか,口伝えに噂として流す行為も含む。偽計とは人を欺罔,誘惑し,あるいは人...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android