コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

北九州市立いのちのたび博物館

1件 の用語解説(北九州市立いのちのたび博物館の意味・用語解説を検索)

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

北九州市立いのちのたび博物館

自然史、歴史、考古学の市立の3博物館を統合し、2002年にオープンした。正式名称は「北九州市立自然史・歴史博物館」。JR鹿児島線のスペースワールド駅前にあり、展示面積は6千平方メートルティラノサウルスを含む恐竜の化石を中心とする「自然史ゾーン」と、弥生時代竪穴式住居八幡製鉄所の社宅などを復元した「歴史ゾーン」に分かれる。6千点を常設展示している。開館時間は午前9時~午後5時。入館料は大人500円、大学生高校生300円、小中学生200円。年末年始は休館。

(2010-05-04 朝日新聞 朝刊 北九 1地方)

出典|朝日新聞掲載「キーワード」
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

北九州市立いのちのたび博物館の関連キーワード高橋健自国立科学博物館国立歴史民俗博物館歴史考古学国立博物館自然史先史考古学森浩一角田文衛八木奘三郎

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone

北九州市立いのちのたび博物館の関連情報