コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

北九州市議選の偽投票用紙事件

1件 の用語解説(北九州市議選の偽投票用紙事件の意味・用語解説を検索)

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

北九州市議選の偽投票用紙事件

昨年2月1日の開票作業で、メモ用紙のような偽の投票用紙が計66枚見つかった。内訳は小倉南区27枚、小倉北区20枚、戸畑区12枚、門司区3枚、八幡東区八幡西区各2枚。投票総数は実際に投票した人数と比べて小倉北区で35票、戸畑区で1票上回っていた。県警は偽の用紙を入れる代わりに本物の用紙を持ち帰ったとみて捜査を進め、小倉北区に立候補して落選した山田被告や選対幹部ら9人を詐欺容疑や公職選挙法違反容疑で逮捕した。ほかに投票用紙持ち帰りの実行役など47人が書類送検された(起訴猶予)。山田被告以外に逮捕・起訴された8人は有罪が確定した。

(2010-04-08 朝日新聞 朝刊 北九 1地方)

出典|朝日新聞掲載「キーワード」
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

北九州市議選の偽投票用紙事件の関連キーワード用紙ワークシート洋紙画用紙サイジング再利用メモ御用紙殴り書佐賀市議選開票作業ミス

今日のキーワード

カルテット

四重唱および四重奏。重唱,重奏の形態のなかで最も基本的なもので,声楽ではルネサンスの多声歌曲の形式であるシャンソンやフロットラから始り長い歴史をもつ。器楽も同様で,特に弦楽四重奏は室内楽の全レパートリ...

続きを読む

コトバンク for iPhone