コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

北会津[村] きたあいづ

世界大百科事典 第2版の解説

きたあいづ【北会津[村]】

福島県中西部,北会津郡の村。人口7652(1995)。会津盆地南部に位置し,東境を阿賀川(大川),西境を宮川(鶴沼川)が流れる。両河川の緩やかな扇状地面に全村域が含まれ,古くから阿賀川のはんらんに悩まされてきた。中世までは阿賀川が現在の鶴沼川筋を流れていたため,ここが大沼郡との郡境となっている。村域の標高差は42mにすぎず,平たんな水田地帯で,会津盆地でも収量の多い地域である。阿賀川を隔てて会津若松市に隣接し,近郊農業地帯として野菜,花卉,果物の栽培も盛んだが,商業はふるわない。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

北会津[村]の関連キーワード天平神護粟田道麻呂紀益女淳仁天皇和気王関口ジョニーズ景徳王和気王景徳王道鏡

今日のキーワード

異常天候早期警戒情報

5日から 8日先を最初の日とする 7日間の平均気温がかなり高い,またはかなり低い確率が 30%以上と見込まれる場合に注意を呼びかけるため気象庁から発表される情報。低温や猛暑が長く続くと,人の活動や農作...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android