コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

北会津[村] きたあいづ

1件 の用語解説(北会津[村]の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

きたあいづ【北会津[村]】

福島県中西部,北会津郡の村。人口7652(1995)。会津盆地南部に位置し,東境を阿賀川(大川),西境を宮川(鶴沼川)が流れる。両河川の緩やかな扇状地面に全村域が含まれ,古くから阿賀川のはんらんに悩まされてきた。中世までは阿賀川が現在の鶴沼川筋を流れていたため,ここが大沼郡との郡境となっている。村域の標高差は42mにすぎず,平たんな水田地帯で,会津盆地でも収量の多い地域である。阿賀川を隔てて会津若松市に隣接し,近郊農業地帯として野菜,花卉,果物の栽培も盛んだが,商業はふるわない。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

北会津[村]の関連キーワード会津剣山会津若松市原熊本田代山牧之原しもごうたじま新城猪之吉

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone