コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

北勢線

1件 の用語解説(北勢線の意味・用語解説を検索)

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

北勢線

資金面などで簡易軽便な鉄道を育てる国策に沿い1914(大正3)年、北勢軽便鉄道として開通。31(昭和6)年に阿下喜まで開通。現在は全13駅20・4キロ。運営は、三重交通、近鉄を経て、03年から三岐鉄道。沿線の桑名市、東員町、いなべ市は最初の10年間で計55億円、今年度までの3年間に6億円余を追加支援した。軽便鉄道博物館は毎月第1、3日曜(1月は第2、3)に開館。無料。問い合わせは安藤建材店(0594・72・2478)の安藤さんへ。

(2016-01-17 朝日新聞 朝刊 三重全県・1地方)

出典|朝日新聞掲載「キーワード」
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

北勢線の関連キーワード日高本線軽便軽便鉄道軽便汽車セーチェーニ山防石鉄道東京地下鉄道と東京高速鉄道指田義雄草津軽便鉄道軽便鉄道法

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

北勢線の関連情報