コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

北塩原[村] きたしおばら

2件 の用語解説(北塩原[村]の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

きたしおばら【北塩原[村]】

福島県北部,耶麻郡の村。人口3859(1995)。磐梯山の北麓と北斜面の大半を占め,西部は会津盆地北東端にあたる。江戸時代は会津藩領で,檜原は米沢街道の宿場町として発展したが,街道が大峠を通るようになって衰えた。早稲沢,小野川,細野,雄子沢などは木地屋集落であった。1888年の磐梯山噴火により長瀬川がせき止められ,檜原湖,小野川湖秋元湖,曾原湖,五色沼などの湖沼が生まれたが,細野,雄子沢は泥流下に埋没,檜原も檜原湖底に水没し,集落を移転した。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

百科事典マイペディアの解説

北塩原[村]【きたしおばら】

福島県北部,会津盆地北東端から磐梯山北麓,吾妻山南西にかけて広がる耶麻郡の村。1888年の磐梯山噴火に伴って長瀬川をはじめ多くの河川がせき止められ,多数の湖沼群が形成された。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

北塩原[村]の関連キーワード相馬磐梯山福島福島盆地喜多方いなわしろ淡水魚館にしあいづばんだい田代季吉栄川

今日のキーワード

災害派遣

天災地変その他の災害に際して,人命または財産の保護のために行なわれる自衛隊の派遣。災害出動ともいう。都道府県知事などの要請に基づいて,防衛大臣が派遣することを原則とするが,特に緊急を要する場合,要請を...

続きを読む

コトバンク for iPhone