北大イールズ闘争

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

北大イールズ闘争

占領下の1949年11月から50年5月にかけて、連合国軍総司令部(GHQ)の教育顧問イールズが全国約30の大学で「共産主義教授の追放」などを訴える講演をした。北大では50年5月に学生らがイールズの講演に抗議、講演は中止となった。北大当局は4人を退学にするなどの処分を行った。昨年の60周年記念の集会参加者が被処分者の名誉回復を求めているが、北大側は応じていない。

(2011-09-25 朝日新聞 朝刊 1道)

出典 朝日新聞掲載「キーワード」朝日新聞掲載「キーワード」について 情報

今日のキーワード

フェロー

イギリスではこの呼称は主として次の3つの場合をさす。 (1) 大学の特別研究員 研究費を与えられ,多くは教授,講師を兼ねる。 (2) 大学の評議員 卒業生から選ばれる。 (3) 学術団体の特別会員 普...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android