北小路隨光(読み)きたのこうじ よりみつ

美術人名辞典の解説

北小路隨光

公卿。京都生。本姓藤原、通称左京権大夫。説光の子。東京住。神宮大宮司兼権中教正に至る。正二位子爵。大正5年(1916)歿、85才。

出典 (株)思文閣美術人名辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

きゃらぶき

魚貝類や野菜類をしょうゆで佃煮(つくだに)のように煮るものをきゃら煮というが、きゃらぶきは、フキの茎をきゃら煮風に煮たもので、初夏のフキを用いてつくるのがよい。フキの葉を切り落とし、茎は日干しにしてか...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android