北川 北仙(読み)キタガワ ホクセン

20世紀日本人名事典の解説

北川 北仙
キタガワ ホクセン

江戸時代末期〜大正期の彫金師



生年
弘化3年9月15日(1846年)

没年
大正11(1922)年1月7日

出生地
常陸国水戸(茨城県水戸市)

主な受賞名〔年〕
シカゴ万国博覧会金牌〔明治26年〕「純銀矮鶏一対」「金銅児童亀」

経歴
水戸金工の3代目泰山元孚に入門し、幕末にはすぐれた刀装工具を数多く製作した。維新後も水戸金工の技法と伝統を守り、高彫りを巧みに用いた花瓶・置物・香炉・煙草入れなどが高く評価された。明治26年にはシカゴ万国博覧会に「純銀矮鶏一対」「金銅児童亀」を出品し、金牌を獲得。また、33年には「銀製獅子香炉」などを皇室に献上している。作品は他に「蟹流水花瓶」などがある。

出典 日外アソシエーツ「20世紀日本人名事典」(2004年刊)20世紀日本人名事典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

やけど虫

昆虫の一種「アオバアリガタハネカクシ」の俗名。体長7ミリ程度で細長く、頭と尻が黒色、胸部と腹が橙色、中央の短い羽根の部分は藍色という特徴的な外見をしている。日本全土に生息し、6月~8月が活動の最盛期。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android