コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

北御牧[村] きたみまき

1件 の用語解説(北御牧[村]の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

きたみまき【北御牧[村]】

長野県東部,北佐久郡の村。人口5448(1995)。佐久盆地西部,千曲川南岸に位置し,東は小諸市に接する。中央部を鹿曲(かくま)川が北流し,千曲川に合流する。鹿曲川の東岸部は古代の官牧があった御牧原台地の北半部にあたり,西岸の八重原は近世に開墾された新田地帯である。農業が基幹産業で,米作,野菜栽培などに加えて近年はチョウセンニンジン,花卉などの栽培や畜産も盛んになってきた。農業従事者の割合は3割をこえ郡内では最も高いが,ほとんどが兼業農家で,小諸市や上田市などへの通勤者が多い。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

北御牧[村]の関連キーワード東京鋼鐵香良洲[町]長島[町]座間市の要覧米沢市の要覧

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone