コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

北方四島の旧漁業権

1件 の用語解説(北方四島の旧漁業権の意味・用語解説を検索)

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

北方四島の旧漁業権

定置網の「定置漁業権」、地引き網の「特別漁業権」、地域の漁協が権利を持ち、組合員にその行使権を与える「専用漁業権」などがあった。四島のうち、歯舞群島色丹島、国後島の漁業者は海産物の取引や資材調達で根室市とつながり、択捉島は函館市との関係が強かったため、現在の補償推進委の支部も両市にある。国に対する補償要求額は当時の年間水揚げ高などに基づき298億円で、対象者は専用漁業権を行使していた組合員らを含め6千人余という。

(2014-06-19 朝日新聞 朝刊 北海道総合)

出典|朝日新聞掲載「キーワード」
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

北方四島の旧漁業権の関連キーワード落網定置網定置漁業車引網地引き地引き網漁業権漁業まき網漁業小型定置網漁業定置漁業権