コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

北方四島交流事業

1件 の用語解説(北方四島交流事業の意味・用語解説を検索)

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

北方四島交流事業

日本人と択捉島、国後島、色丹島に住むロシア人との交流事業。内閣府北方対策本部外務省の補助で行われる。現島民と日本の関係者がパスポート(旅券)やビザ(査証)なしで相互訪問できる枠組みで、「ビザなし交流」と呼ばれる。1991年に来日した旧ソ連のゴルバチョフ大統領の提案で翌92年4月から実施。昨年度までに日本側から計9962人が訪問し、日本は四島の住民計7336人を受け入れた。

(2011-08-02 朝日新聞 朝刊 4総合)

出典|朝日新聞掲載「キーワード」
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

北方四島交流事業の関連キーワード択捉島国後島根室海峡ゴロブニン色丹北方領土単冠湾北方四島南千島トラジャ

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone