コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

北方領土交渉

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

北方領土交渉

旧ソ連は第2次大戦末期、日ソ中立条約を無視して対日参戦し、択捉、国後、色丹歯舞群島の四島を占領した。1956年の日ソ共同宣言で、平和条約締結後にソ連が歯舞、色丹を引き渡すことになったが、国後、択捉には触れなかった。93年の東京宣言で四島全てを交渉対象とすることで合意。01年のイルクーツク声明で日ソ共同宣言や東京宣言に基づき、四島の帰属の問題を解決して平和条約を締結することで合意した。

(2013-01-11 朝日新聞 朝刊 3総合)

出典|朝日新聞掲載「キーワード」朝日新聞掲載「キーワード」について | 情報

北方領土交渉の関連キーワード8項目の経済協力日ロ関係

今日のキーワード

存亡の機

引き続き存在するかここで滅びてしまうかという非常に重大な時。存亡の秋(とき)。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

北方領土交渉の関連情報