コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

北朝鮮の日本人遺骨問題

1件 の用語解説(北朝鮮の日本人遺骨問題の意味・用語解説を検索)

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

北朝鮮の日本人遺骨問題

日本の敗戦直後、植民地だった朝鮮半島北部では約3万4千人の日本人が病気や飢えで亡くなったとされる。国交がないため遺骨収集は進まず、2万柱以上が残されたまま。多くは埋葬場所もわからない。2012年8月、外務省は遺骨調査や墓参を渡航自粛の例外として認めた。北遺族連絡会は、これまで8回の墓参訪朝を実施している。

(2013-11-06 朝日新聞 朝刊 宮城全県 1地方)

出典|朝日新聞掲載「キーワード」
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

北朝鮮の日本人遺骨問題の関連キーワード朝鮮半島松岳朝鮮半島からの徴用在日韓国・朝鮮人朝鮮人遺骨問題朝鮮半島・台湾出身のBC級戦犯日本の台湾統治韓国併合で日本に渡った朝鮮人サハリン残留日本人サハリン在留日本人

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

北朝鮮の日本人遺骨問題の関連情報