コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

北朝鮮の過去の開放政策

1件 の用語解説(北朝鮮の過去の開放政策の意味・用語解説を検索)

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

北朝鮮の過去の開放政策

北朝鮮が羅津・先鋒(現在の羅先)地域を特区に定めたのは1991年12月。韓国統一研究院の資料などによると、02年以降には中国国境に近い北西部の新義州や、韓国に近い南西部の開城、南東部の金剛山も特区に指定された。一連の動きは中国の開放政策を参考にしたともいわれる。だが南北関係の悪化で、貴重な外貨獲得源だった開城と金剛山での観光事業は08年以降、中断。韓国政府の推計では09年の食糧生産も前年推定量を約5%下回るなど、国民生活は困窮していると伝えられる。

(2010-03-14 朝日新聞 朝刊 1経済)

出典|朝日新聞掲載「キーワード」
朝日新聞掲載「キーワード」について | 情報

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone