北条 民雄(読み)ホウジョウ タミオ

20世紀日本人名事典の解説

北条 民雄
ホウジョウ タミオ

昭和期の小説家



生年
大正3(1914)年9月22日

没年
昭和12(1937)年12月5日

出生地
旧朝鮮・京城

出身地
徳島県

別名
別名=秩父 号一

学歴〔年〕
小学校高等科〔昭和4年〕卒

経歴
小学校卒業後上京。薬問屋の住込み店員、臨時工などをして働くかたわら法政中学に学ぶ。昭和7年徳島に帰り、農業に従事しながら文学に没頭。20歳のとき癩を発病し、9年多磨全生園に入院。川端康成を介して11年に「いのちの初夜」を発表、たちまち文壇の注目を集める。その後ハンセン病をテーマにした小説、随筆を次々と発表したが、23歳の若さで死去した。他の作品に「間木老人」「癩院受胎」「猫料理」「道化芝居」などがあり、「北条民雄全集」(全2巻 創元社)もある。

出典 日外アソシエーツ「20世紀日本人名事典」(2004年刊)20世紀日本人名事典について 情報

367日誕生日大事典の解説

北条 民雄 (ほうじょう たみお)

生年月日:1914年9月22日
昭和時代の小説家
1937年没

出典 日外アソシエーツ「367日誕生日大事典」367日誕生日大事典について 情報

今日のキーワード

アポ電詐欺

《「アポ」は「アポイントメント」の略》電話を使用した振り込め詐欺の一。身内の者になりすまして電話番号が変わったと伝え、再度電話して金銭を要求したり、役所の担当者や銀行員などになりすまして電話をかけ、後...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

北条 民雄の関連情報