北沢峠(読み)きたざわとうげ

日本の地名がわかる事典の解説

〔長野県(山梨県)〕北沢峠(きたざわとうげ)


長野・山梨県境をなす赤石(あかいし)山脈(南アルプス)北部、甲斐(かい)駒ヶ(こまが)岳南西の鞍部(あんぶ)を越える峠。標高2036mの最高点は長野県側に約200m入った地点にある。南アルプス林道が通る。仙丈ヶ(せんじょうが)岳・駒ヶ岳などへの登山基地。野呂(のろ)川の谷を隔てて南南東に北(きた)岳を眺望できる。

出典 講談社日本の地名がわかる事典について 情報 | 凡例

今日のキーワード

余震

初めの大きい地震に引き続いて,その震源周辺に起こる規模の小さい地震の総称。大きい地震ほど余震の回数が多く,余震の起こる地域も広い。余震域の長径の長さは,地震断層の長さにほぼ対応している。マグニチュード...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android