コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

北海油・ガス田群 ほっかいゆガスでんぐん

1件 の用語解説(北海油・ガス田群の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

ほっかいゆガスでんぐん【北海油・ガス田群】

1959年にオランダフローニンゲン・ガス田が発見されたのを契機として,北海におけるその延長部の探鉱が注目を集めるに至った。北海における最初の探鉱成果は65年に発見されたウェストソールWest Soleガス田をはじめとするいくつかの構造性ガス田の発見であり,72年までにはパイプライン網の完成によって国内消費者への供給が開始された。1970年にはノルウェー海域で最初の北海油田エコフィスクEkofiskが発見され,その後短期間内にノルウェー,イギリスデンマークの中間線沿いにいくつかの油田が発見された。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

北海油・ガス田群の関連キーワードスヘーフェニンゲンゼルニケフローニンゲンホイジンガオランダ紫雲英IPRAグローニンゲンフロリンオランダの犯罪ブッケマ

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone